会社情報

      
経営理念

 
1.小規模組織であっても、永続する企業を目指す。

 2.天理市、奈良県へ ささやかであっても、納税と雇用の提供を通して 貢献できる企業を
   目指す。

 3.社員の生活の安定を第一とし、定年後も再雇用による勤労の機会を提供する。

 4.企業が利益の確保により社員の生活を安定させることは自明のことであるが、善因善果
   の思想に立脚し、独善を排して、相手方であるお客様、仕入先様の立場を考える。

 5.会社の継続、発展に専念するだけでなく、現代社会や将来の課題の解決に少しであって
   も役に立つことを目指す。

                                       エルシーサイエンス株式会社
                                                   社員一同

社長からのメッセージ
 

弊社を創業して、来年で30年目を迎えることとなりました。社員は、現在6名です。現在まで、30名以上の方が、弊社に在籍されました。ご本人のご都合で、やむなく退社された方もおられますが、弊社の至らなさで辞められた方もおられます。これらの経験を十分生かして、やりがいのある、楽しんで仕事をしていただける職場をめざして努力したいと思います。 私は、化学が好きで、高校時代からその方向に進みました。またものを分解して組み立てること、ものをつくることが小さい時から得意でしたので、一人で会社を設立する際に、自分には化学の方向で ものつくりをする仕事しかないと思い、この仕事を始めました。そして、会社を創業する以上、地域社会(市、県、国)に貢献することは責務であり、さらに弊社の仕事を通して、地域社会に貢献できる人材を育てていくことが大切であると考えております。 金銭は 使えば減ってゆきますが、自分に身につけた 技術、知識、経験は、使えば使うほど、磨きがかかって増えるものと思います。 またこの財産は、一生涯、様々な場面で活用されていくと思います。この業界を、社会に出て40年あまり見てきておりますが、他の業界と大きく違う点は、お客様の立場や販売店様の考えに立脚したものつくりの企画、開発がなされていないことではないでしょうか。弊社は、お客様と販売店様のご意見を十分に取り入れた、商品企画、開発をすることで、この業界に貢献し続けたいと思います。 われわれと一緒に、夢を実現してほしい。この思いにご賛同いただける若い力を今、必要としています。

平成25年8月20日
エルシーサイエンス株式会社
代表取締役  菱川 和則
                                        


会社情報
会社概要
会社名 エルシーサイエンス株式会社
代表者 菱川 和則
営業所
所在地
〒632-0086
奈良県天理市庵治町830-16
TEL:0743-64-2860 FAX:0743-64-2867
製造開発部 〒632-0086
奈良県天理市庵治町830-24
製造設備 〒632-0013
奈良県天理市豊井町144
旋盤、フライス盤、ボール盤、平板カッター、ベルトカッター、精密カッター、
高速カッター、ミニター、ジェットブラスター
資本金 1000万円
設立 1985年03月11日
業務内容 クロマトグラフ分野を主体とした分析機器、理化学機器の製造、
販売、技術サービス
クロマト装置を中心とした分析機器リユース品の販売
輸入販売  USA:1社  韓国:1社  チェコ:2社
取引銀行  三井住友銀行    奈良支店
南都銀行       天理支店
奈良中央信用金庫 結崎支店
組織図 取締役会----社長----経理課
                営業部
                製造開発部
沿革
                   
昭和60年
03月11日
分析機器、理化学機器、特にクロマトグラフ分野への製造、販売、技術サービスを通して社会へ貢献する目的で設立
昭和60年
04月01日 
営業開始
各メーカーの代理店として、奈良県内、大阪府下の一部にて販売実績を積み重ねつつ、特注品を中心に製造を行う。
平成09年11月 全国科学機器展に自社製品を出品。
平成10年04月 ホームページを開設し、自社製品の紹介を開始
平成11年04月 全国展開している理化学機器問屋である増田理化工業鰍フカタログに自社製品の掲載を行い、販売を開始
平成11年10月 ガスクロマトグラフ、GC/MS用前処理装置をアメリカのSIS社より輸入し、日本電子鰍ィよび自社ルートにて、国内販売を開始。
平成11年11月 全国科学機器展に自社製品およびSIS社前処理装置を出品する。
平成13年06月 液体クロマトグラフ用部品をアメリカのASI社より輸入し、販売開始。
平成13年11月 全国科学機器展に自社製品、SIS社:前処理装置、ASI社:液体クロマトグラフ部品を出品する
平成14年07月 中国XH社より糖度計を輸入し、問屋ルートにて販売開始
平成14年09月 分析機器展において、自社開発したTD-4用オートサンプラーを日本電子潟uース内に展示し、販売を開始
平成14年09月 液体クロマトグラフの中古販売を、自社ホームページ
に掲載し、販売を開始
平成15年07月 自社開発TD-4オートサンプラーをSIS社へ輸出依頼
のため、持参訪問。
平成15年11月 全国科学機器展に自社製品を出品展示。
平成16年08月 TD-4用オートサンプラーを新型に改良。
平成16年11月 TD-4コントローラーを自社製造することについて、SIS社の了解の下、開発開始
平成17年01月 TD-4コントローラー自社製品製造開始
平成17年09月 TD-4コントローラーExell Macro導入によりPC制御
平成17年11月 全国化学機器展に自社製品及び中古品を出品展示
平成18年03月 社員持株により、経営者の持株比率を90%以下に
平成18年06月 GC用セプタムレス注入口を開発。特許申請中
平成18年12月 サンプルビンセプタムレスシール商品化
平成19年01月 完全国産化熱脱着装置:TD-4Jを開発、製造開始
平成19年02月 サンプルビンセプタムレスシール実用新案登録。
製品化開始
平成19年11月 高等学校教材販売開始。
加圧ヘッドスペースガス全量導入システム特許申請
平成20年04月 担当者退職により高等学校教材販売中止
平成20年06月 GC-MSを導入し、TD-4Jの拡販を目指す
平成20年11月 GC/LC用データロガー「ADL-2020」の開発開始
平成21年01月 GC/GC-MS用「ダートフリー」開発開始
平成21年03月 データロガー「ADL-2020」試作機完成。7月の発売開始に向けて準備
平成21年07月 データロガー「ADL-2020」販売開始
平成21年09月 分析展に初出展、関東方面へメーカーとしてのPR開始
平成21年10月 毎年開催しているクロマトセミナーが10回目を迎える
平成21年11月 TD-4J オートサンプラータイプを低価格化と簡易性において大幅に改良して販売開始
平成22年01月 クライオトラップ単体での販売開始
平成22年02月 機能性と低価格を目指して、弊社製LC System1を販売開始
平成22年05月 データロガーADL-2020をバッテリ駆動とし、フィールド使用可能とする
平成22年06月 バッテリ駆動ポータブルTCDを開発開始
平成22年09月 分析展2010に出展、前年より2倍のスペースで開催。
平成22年10月 弊社主催第11回クロマトセミナーを開催 BRUKER(旧Varian)430−GCを関西地区で独自販売開始
平成23年01月 アジレントGC用 AOC-20i 接続キット 販売開始
平成23年03月 UV検出器用 格安国産D2ランプ 並びに島津GC用最安値ガラスカラム・ガラスインサート販売開始
平成23年06月 簡易設置型 GC、LCレンタルサービス開始
デジタルフローメーター for Liquid 販売開始
Ecom社製双方向型LC SE-11 販売開始
DataApex社製 Clarity 販売開始
平成23年09月 弊社主催第12回クロマトセミナーを開催
平成24年07月 YL Instrument社製 HPLC/GC 販売開始
平成24年09月 JASIS2012に出展
平成24年10月 微量液流量測定用デジタルフローメーター販売開始
平成24年12月 液化ガス残量計(新型) 発売開始
平成25年03月 YL Instrument社製 純水製造装置 WPS 販売開始
平成25年06月 エルシーサイエンス株式会社に社名変更
資本金を1000万円に変更 本社住所を変更
平成26年06月 TLC写真撮影装置に改良を重ね、UV CUBEとして販売開始
平成26年09月  ポータブルminiTCDに改良を重ね、INORGAとして分析展JASISにて発表、販売開始
ADL-2020の新型 chromato loggerを販売開始
平成26年10月 加圧固相抽出装置の姉妹機として加圧濾過システム販売開始
  平成27年07月 HPLC用オートサンプラー”Shmple Autosampler AS-24”発売 
  平成27年09月 JASIS2015に出展 
  平成28年05月 製造開発部を奈良県天理市庵治町830-24に設置
 
   △Page top


主な取引先様

官庁 
大阪府立産業総合研究所
宮城県産業技術総合センター
大阪公衆衛生研究所
青森県工業総合研究所
国立公衆衛生院
静岡県農業試験場
札幌市水道局
名古屋産業総合研究所
愛媛県工業試験所
岐阜県公衆衛生検査センター
財団法人産業創造研究所
奈良県衛生研究所
奈良市水道局
奈良県水道局
奈良県下水道局
奈良県薬事研究センター
奈良県農業試験所
地震火山観測研究センター
財団法人肥料化学研究所
独立行政法人理化学研究所
 大学  
大阪府立大学
大阪大学
京都大学 
奈良先端科学技術大学院大学
東京大学
近畿大学
奈良女子大学
兵庫県立大学
長崎国際大学
福井県立大学
長崎大学
北海道大学
名古屋大学
神戸大学
東北大学
宇都宮大学
佐賀大学
静岡大学
筑波大学
山梨大学
山口大学
広島大学
香川大学
芝浦工業大学
横浜国立大学
奈良教育大学
 民間  
積水化学
積水化成品工業
ロート製薬
参天製薬
積水ハウス
ダイワハウス
ニッタ
新田ゼラチン
東レ
ダイソー
大塚製薬
三菱重工
潟潟`ュームエナジージャパン
日本サプリメント
ソニーEMCS
ニプロファーマ
潟Wェイテクト
日揮ユニバーサル
トキコテクノ
鞄鉄テクノリサーチ
帝人エコサイエンス
竃x場エステック
日立協和エンジニアリング
松下電器産業
ニチバン
大塚食品
三菱化学
アークレイ
日本電子
アイシン精機
日本マイクロリス
シャープ椛麹研究所
新コスモス電機
大日本インキ化学工業
富士写真フィルム
旭化成
日本製紙
ソニーケミカル
富士通
NEC
鞄立製作所
 
   △Page top